症例紹介

矯正治療についてに戻る症例紹介一覧に戻る
矯正治療とは矯正治療の流れ矯正治療の種類料金表患者さまの声
よくある質問

症例紹介

これまで治療した患者さまの症例をご紹介しています。

| 出っ歯(上顎前突)・上下顎前突 | 受け口・切端咬合(下顎前突) | 叢生・八重歯・でこぼこの歯 | 過蓋咬合 |
| 開咬(オープンバイト) | マウスピース矯正による症例 | 裏側(舌側)矯正による症例 | 欠損歯・すきっ歯の症例 |

受け口・切端咬合(下顎前突)でお悩みの方

下の歯が上の歯より突出している歯並びです。
また下の前歯と上の前歯が先端でぶつかっている噛み合わせも入ります。

<放置しておくと起こりうる症状>

  • 奥歯の虫歯が多くできやすくなります。受け口の場合、奥歯が舌の方に傾いているため、歯磨きがしにくことが原因にあります。また奥歯に唾液がまわりにくいのも原因の一つです。
  • 顎の関節が痛みやすく、噛み合わせが安定せず、関節症状が出やすくなります。
  • 受け口の顔立ちになります。
  • 歯肉(歯ぐき)のラインが下がりやすく、もともと下の歯肉は薄いという特徴があり、少しの炎症でも影響を強く受けやすくなります。

PAGE TOP

0120-994-418〒616-8104 京都府京都市右京区太秦下刑部町12番地サンサ右京1F
TEL : 075-863-5422

指定自立支援医療機関(育成医療・更生医療)、顎口腔機能診断施設・歯科矯正診断施設

 (C) もり矯正歯科 All Rights Reserved.
プライバシーポリシー
リンク
サイトマップ