症例紹介

矯正治療についてに戻る症例紹介一覧に戻る
矯正治療とは矯正治療の流れ矯正治療の種類料金表患者さまの声
よくある質問

症例紹介

これまで治療した患者さまの症例をご紹介しています。

| 出っ歯(上顎前突)・上下顎前突 | 受け口・切端咬合(下顎前突) | 叢生・八重歯・でこぼこの歯 | 過蓋咬合 |
| 開咬(オープンバイト) | マウスピース矯正による症例 | 裏側(舌側)矯正による症例 | 欠損歯・すきっ歯の症例 |

過蓋咬合(かがいこうごう)でお悩みの方

奥歯で噛みしめた状態で、上下の前歯の噛み合わせは、通常2~3mm程度の重なりがあるのが望ましいといわれています。
過蓋咬合とは上下の噛み合わせの重なりの度合が大きい状態をいい、時に下の前歯がほとんど見えないほど深く噛み込んでいる場合もあります。

<放置しておくと起こりうる症状>

  • 下の前歯に上の前歯が過剰におおいかぶさるので、下の前歯だけでなく歯ぐきや歯を支える骨(歯槽骨)に負担がかかります。
  • 下あごの前方への成長が妨げられます。
  • 下あごの前方や横方向への運動をスムーズに行うことができず、あごの関節の病気(顎関節症)の一因になる可能性があります。
  • 外見的コンプレックスのために精神的にストレスを感じられる方もいらっしゃいます。

PAGE TOP

0120-994-418〒616-8104 京都府京都市右京区太秦下刑部町12番地サンサ右京1F
TEL : 075-863-5422

指定自立支援医療機関(育成医療・更生医療)、顎口腔機能診断施設・歯科矯正診断施設

 (C) もり矯正歯科 All Rights Reserved.
プライバシーポリシー
リンク
サイトマップ